HOME>健保を使うには>(家族)療養費

(家族)療養費

保険証を持たずに受診したときなどはたてかえ払いをし、後で請求


旅先で急病になったりした場合など、保険証を持たずに医師にかかったときは、とりあえず医療費全額を自分で支払い、後で健保組合に申請して払い戻しを受けることになります。このような給付を「(家族)療養費」といいます。

医療の内容 払い戻される額 必要な書類
やむを得ず
保険医以外の医療機関
にかかったとき
健康保険の療養の給付の範囲内で査定された額の7割(義務教育就学前8割) 「療養費支給申請書」に
領収明細書を添付、
海外受診の場合は
診療内容明細書も添付

※パスポートなど海外渡航の
 事実を確認できる書類、海外の
 医療機関に照会を行うことの
 同意書も添付
保険証を
提出できなかったとき
輸血(生血)の血液代 輸血(生血)を受けるときの血液代としての基準料金の7割(義務教育就学前8割) 「療養費支給申請書」に
領収書と輸血証明書を添付
コルセット・ギプス
・義眼代
基準料金の7割(義務教育就学前8割) 「療養費支給申請書」に
領収書と保険医の証明書を添付
はり・きゅう
・マッサージ代・指圧
「療養費支給申請書」に領収書を添付、
施術内容・証明、保険医の同意を記入
または添付
9歳未満の小児の弱視、
斜視、先天白内障術後
の屈折矯正の治療用眼
鏡・コンタクトレンズ代
作成または購入した費用の上限の範囲内の7割(義務教育就学前8割) 「療養費支給申請書」に
領収書と保険医の指示書の写し、
患者の検査結果を添付
四肢リンパ浮腫治療のための
弾性着衣等代
購入した費用の上限の範囲内の7割(義務教育就学前8割) 「療養費支給申請書」に
領収書と保険医の装着指示書を添付


関連項目

戻る   このページのトップへ

Copyright © since 2006 愛知製鋼健康保険組合 All Right Reserved.