HOME退職後の医療保険制度資格喪失後の継続給付

資格喪失後の継続給付

1年以上被保険者であれば退職後も受けられます


退職すると被保険者の資格を失い、健康保険の給付を受けられなくなりますが、退職前に継続して1年以上被保険者だった人は、退職後もそれまで受けていた傷病手当金および出産手当金や、退職後一定期間内の出産・死亡に対し、保険料を納めなくても「資格喪失後の継続給付」として保険給付が受けられます。ただし、退職後の給付には付加給付はありません。

●こんな継続給付が受けられます

・病気やけがが退職する前に起きていた場合

給付の種類 対象者 支給の内容
傷病手当金 本人 退職するときに傷病手当金を受けていた人には、その病気やけがの療養のために引き続き働けないとき、傷病手当金の支給が始まった日から数えて1年6ヵ月間引き続き傷病手当金が支給されます。なお、老齢厚生年金等を受給している場合には支給が打ち切られますが、傷病手当金の方が高額な場合に限り、差額が支給されます。

・退職してから出産または死亡していた場合

給付の種類 対象者 支給の内容
出産手当金 本人 退職するときに出産手当金を受けていた人には、引き続き出産手当金が支給されます。
出産育児一時金 本人 退職後6ヵ月以内に出産したときは、出産育児一時金が支給されます。
埋葬料(費) 本人 被保険者であった人が、
(1)退職後3ヵ月以内(1年以上の被保険者期間は不要)
(2)傷病手当金の継続給付を受けている間
(3)傷病手当金の継続給付打ち切り後3ヵ月以内に死亡したとき
に支給されます。

関連項目

戻る   このページのトップへ

Copyright © since 2006 愛知製鋼健康保険組合 All Right Reserved.